P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 4年半前にメッシ獲得を狙っていたレアル。339億円で“禁断の移籍”画策か

4年半前にメッシ獲得を狙っていたレアル。339億円で“禁断の移籍”画策か

P R

P R

バルセロナのリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

バルセロナのリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーは、2013年に宿敵バルセロナのエースであるFWリオネル・メッシを引き抜くことを画策し、約339億円という巨額の移籍金支払いを検討していたという。独誌『シュピーゲル』が伝えている。

 もし実現していれば、サッカー界を大きく揺るがす“禁断の移籍”となったことは間違いない。2013年6月に、当時メッシ一家の弁護士を務めていたイニゴ・フアレス氏が、マドリーからの関心をメッシの父親ホルヘ氏に伝えたとされている。

 マドリーには、当時のメッシとバルサの契約に設定されていた契約解除金2億5000万ユーロ(約339億円)を支払う意志があったという。メッシに対しては年俸2300万ユーロ(約31億円)で2021年までの契約を準備していたとのことだ。

 昨年夏にはFWネイマールがサッカー界の史上最高額となる2億2200万ユーロ(約301億円)でバルサからパリ・サンジェルマンへ移籍したが、それを上回る金額での移籍が4年半前に画策されていたということになる。当時の移籍金史上最高額はマドリーが2009年にFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得した際の9400万ユーロ(約127億円)だった。

だが『シュピーゲル』も参加する欧州のメディア団体EIC(ヨーロピアン・インベスティゲーティブ・コラボレーションズ)の取材に対し、マドリーは「いかなる現実とも合致しない情報であり、全くの虚偽だ」と回答し、メッシ獲得の意図があったことを否定している。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年