P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > いよいよACL本戦開幕! 2018年のアジアを席巻する規格外の外国人スターたち[ftp_del]【編集部フォーカス】[/ftp_del]

いよいよACL本戦開幕! 2018年のアジアを席巻する規格外の外国人スターたち[ftp_del]【編集部フォーカス】[/ftp_del]

P R

P R

ACLを彩るワールドクラスのスター選手たち【写真:Getty Images】

ACLを彩るワールドクラスのスター選手たち【写真:Getty Images】

いよいよ13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区本戦が開幕する。昨年大会を制した浦和レッズに続き、2連覇を目指す日本勢に立ちはだかるのはワールドクラスの外国人スターたち。東地区の各クラブには、アジアの枠を越えた実力の持ち主が数多く所属している。ACLに外国人枠を使って登録する選手たちの中から、特に注目の5クラブの刺客たちを紹介する。

上海上港:驚異のブラジルトリオ

 いよいよ13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区本戦が開幕する。昨年大会を制した浦和レッズに続き、2連覇を目指す日本勢に立ちはだかるのはワールドクラスの外国人スターたち。東地区の各クラブには、アジアの枠を越えた実力の持ち主が数多く所属している。ACLに外国人枠を使って登録する選手たちの中から、特に注目の5クラブの刺客たちを紹介する。

——

フッキ(元ブラジル代表)
オスカル(ブラジル代表)
エウケソン(ブラジル)
オディル・アフメドフ(ウズベキスタン代表)

 昨季のACL準決勝では浦和レッズに敗れたものの、上海上港の前線のブラジルトリオはアジアを震撼させた。

 2013年から中国でプレーしアジアを知り尽くした元ブラジル代表候補のFWエウケソン、チェルシーでも活躍しブラジル代表47キャップを誇るMFオスカル、そしてキャプテンも務めるJリーグ育ちの怪物FWフッキが織りなす攻撃の破壊力はワールドクラスだ。

 そのフッキは13日のグループリーグ初戦で川崎フロンターレと対戦し、古巣の本拠地・等々力陸上競技場に帰還する。思い出の場所でどんなプレーを見せるかにも注目が集まる。

上海申花:実力者ぞろいの多国籍カルテット

ジオバニ・モレノ(コロンビア代表)
オスカル・ロメロ(パラグアイ代表)
フレディ・グアリン(コロンビア代表)
オバフェミ・マルティンス(元ナイジェリア代表)

 上海申花の外国人選手たちは多彩な顔ぶれがそろう。カルロス・テベスは中国に馴染めずアルゼンチンへ帰国したが、キャプテンを務めるコロンビア代表MFジオバニ・モレノをはじめ実力者ばかりだ。

 快足FWとして鳴らした元ナイジェリア代表のオバフェミ・マルティンスや、攻守のバランスに優れ、インテルでは長友佑都と同僚だったコロンビア代表MFフレディ・グアリンも健在。そして上海申花加入直後からスペイン1部のアラベスに貸し出されていたパラグアイ代表MFオスカル・ロメロも帰ってきた。今季のACLグループリーグでは、14日の初戦で鹿島アントラーズと激突する。

傑志:元C大阪の南アW杯MVP

ディエゴ・フォルラン(元ウルグアイ代表)

 インド・スーパーリーグのムンバイ・シティを退団してから1年ほど無所属が続いていた元ウルグアイ代表のFWディエゴ・フォルランは、今年1月に香港プレミアリーグ覇者の傑志と契約を結んだ。そしてすぐに結果を残している。リーグ戦4試合に出場して5ゴール1アシストと大爆発中だ。

 ACLにもこの勢いを持ち込めるか。セレッソ大阪時代の2014年以来、4年ぶりとなるアジアの舞台に挑む。今回は5月までの契約のため短期間しか元ワールドカップMVPのプレーを見ることはできないが、3月には柏レイソル戦で日本凱旋も実現するはずだ。また決勝トーナメント1回戦で古巣セレッソ大阪との対戦する可能性もある。

広州恒大:ACLといえば…なお馴染みのスターたち

リカルド・グラール(元ブラジル代表)
アラン(ブラジル)
ネマニャ・グデリ(セルビア代表)
ファビオ・カンナバーロ監督(元イタリア代表)

 広州恒大を率いるのは元イタリア代表のファビオ・カンナバーロ監督、攻撃の先陣を切るのは屈強な元ブラジル代表FWリカルド・グラール。もはやACLではお馴染みの顔ぶれである。

 在籍4年目のブラジル人FWアランも健在で、そこに今季から天津泰達から獲得されたセルビア代表MFネマニャ・グデリが加わる。2人ともヨーロッパで実績のある実力者だ。国内リーグは7連覇中で、その偉業を支えたのが質の高い外国籍選手たちの活躍であることに疑いはない。グループリーグでは昨季国内2冠、今季もゼロックススーパーカップを制して勢いづくセレッソ大阪と激突する。

天津権健:新興クラブのワールドクラスたち

アレシャンドレ・パト(元ブラジル代表)
アントニー・モデスト(フランス)
アクセル・ヴィツェル(ベルギー代表)
パウロ・ソウザ監督(元ポルトガル代表)

 天津権健にとって、今季が初めてのACL出場になる。そもそも1部リーグ昇格が2016年、そこからわずか2年でアジアへの挑戦権を勝ち取った。

 その躍進を支えたのが優秀な外国人トリオだった。かつてミランなどで将来を嘱望されながらくすぶっていたアレシャンドレ・パトは、中国で24試合出場15得点と圧巻のパフォーマンスで前線をけん引。さらに後半戦から加わったアントニー・モデストもリーグ戦8試合のみの出場で7得点と期待に違わぬ活躍を見せた。

 昨年11月の日本戦にも出場していた現役ベルギー代表のアクセル・ヴィツェルも前線の躍動を中盤から力強くサポート。今季からはパウロ・ソウザ監督が就任し、盤石の陣容でACLに殴り込みをかける。グループリーグで対戦する柏レイソルが最も警戒すべきは、韓国王者の全北現代モータースではなく天津権健かもしれない。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年