P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > ヤマハ発動機とペーパークラフト、20年の歴史とは あの超絶クオリティが無料のワケ

ヤマハ発動機とペーパークラフト、20年の歴史とは あの超絶クオリティが無料のワケ

P R

P R

ヤマハ発動機が同社ウェブサイトで配信するペーパークラフトのページが、2017年で20周年を迎えました。世界中からアクセスがあるという人気コンテンツはどのように始まり、そして無料で20年も続いているのでしょうか。

例のコピペにもない20年続くコンテンツ

 ネット上には「ヤマハのコピペ」と呼ばれる有名なテキストがあります。(楽器の)ヤマハ株式会社および(オートバイの)ヤマハ発動機株式会社に直接、その真偽をたずねたネット記事も話題になりました。両社が監修した完全版は、その「モノ創り」の歴史を端的にわかりやすく示しているといえるでしょう。

 そのヤマハ発動機ですが、2017年でちょうど20周年を迎える、長年にわたり手掛けてきた企画があります。それは「ヤマハ発動機 企業サイト」のいちコンテンツとして配信されている「ペーパークラフト」のページです。

「ペーパークラフト」とは、広義では折り紙や工芸品、紙細工、さらには紙容器なども含まれますが、ここではボール紙やケント紙などを切ったり折ったり貼ったりして作る立体的な模型のことを指します。

170927 paper 01ヤマハ発動機のペーパークラフト第一弾、1997年に配信された「VMAX」(画像:ヤマハ発動機)。

 ヤマハ発動機はこのペーパークラフトのデータを、日本におけるインターネットの黎明期といえる1997(平成9)年10月から配信しています。これをダウンロードし、プリンターで紙に印刷して組み立てるというもので、その第一弾は同社が1985(昭和60)年にアメリカで発売した排気量1200ccを誇る大型バイク「VMAX」の精密モデルでした(ただしモデル化されたのは1990年型)。以来、これまでに70を超えるモデルのデータを配信していますが、すべて無料です。加えて、バイクなどヤマハ発動機の製品のみならず、おみこしや動物などのモデルもラインナップしています。

 完全版「ヤマハのコピペ」をたどっても結びつかないような、そして1円の得にもならないどころか、むしろコストをかけ本格的な模型として無料公開しているペーパークラフト企画は、なぜ始まり、そして20年も続いているのでしょうか。担当者であるヤマハ発動機コーポレートコミュニケーション部WEBグループの三宅英典(みやけひでのり)さんに話を聞きました。

発想は「触れる」ウェブコンテンツ

――どのような経緯で「ペーパークラフト」の配信を始めたのでしょうか?

 弊社がウェブサイトを開設した1997(平成9)年の秋、「第32回東京モーターショー」が行われました。そのときのウェブコンテンツ「The 32nd Tokyo Motor Show Special Site」内のいちコーナーとして「VMAX」のペーパークラフトダウンロードを企画したのが最初です。

――20年続けている理由や目的はなんでしょうか?

 手前味噌になりますが、最初のモデル(「VMAX」)が好評を頂いたからだと思います。まさか20年も続くとはその当時は思ってもいなかったでしょうが、弊社企業サイトのなかでも当時から人気コンテンツとなり、バイクのことは知らなくても、「ペーパークラフトが掲載されているウェブサイト」という認知もされ始めてきていました。ペーパークラフトを見たついでに、製品情報などにも触れて頂けるきっかけにもなると思い、現在も継続しています。

――そもそも、なぜペーパークラフトだったのでしょうか?

 ウェブサイトが一般的に普及し出してから、文字を「読む」、音を「聴く」、写真や映像を「観る」ということは実現できていますが、手に取って「触る」というのはありませんでした。弊社は「モノ創り」の会社ですので、実際の商品だけでなく、ウェブサイトを通してモノに触れた時の感動を提供できるひとつの方法として、ペーパークラフトをスタートさせました。

170927 paper 021997年に配信された「VMAX」のパーツシート。PDFデータで16ページ、840KBあり、当時の通信環境では重い部類(乗りものニュース編集部撮影)。

 このコンテンツを開始した1997年頃は、ネット接続はISDNが一般的だった頃だと思います。通信速度が64kbpsなので、理論値にはなりますが、「VMAX」のパーツシートのPDF(840KB)をダウンロードするだけでも、100秒以上かかっていた計算になります。当時は、少しでもファイル容量を小さくするような知恵を絞っていたはずです。

 最近はそんな心配をすることはありませんが、データ制作という部分には気をつけています。世の中には、かなりレベルの高いペーパークラフトを提供されているウェブサイトが多くあります。弊社はモノ創りの会社ですので、自社製品をモチーフにしたクラフトを作る以上、お客様の期待を裏切らない、むしろそれを超えるクオリティのクラフトを提供したいと考えており、その為にデザイナーさんとの事前ミーティングや、素材収集、プロト機を実際に見ながらの進捗確認はしっかりと行っています。

その精密さになかの人も断念?

――クオリティといえば、「超精密モデル」やジオラマつきのものなど、良い意味で正気の沙汰とは思えません。

「ジオラマつきのもの」というのは、恐らく「モータースポーツワールド」のことかと思いますが、「パーツ数」という事ですと、2014年に公開した『モータースポーツワールド:ラリー』が1300超で群を抜いてます。

 背景のジオラマ部分まで含んでの数ですが、パーツシートだけでも246枚。組立説明書も139枚あります。用紙は全てA4サイズです。B4やA3サイズのプリンターは、まだ一般のご家庭には普及してないと思いますので、あくまでも「誰でも気軽に」楽しんで頂く為にA4に限定しています。

――385枚というのは、すみません、想像以上でした。その実現の経緯や、担当部署の方はどのようにお考えか、といったところをお聞かせください。

 このペーパークラフトを始めた当時は、より多くの方々に楽しんで頂こうと思い、様々なモチーフをクラフト化してきました。弊社の製品ばかりだと、敷居が高くなってしまうからです。最近では、「『超』精密シリーズ」を当たり前のようにリリースしていますが、1997年当時は「精密」の「VMAX」ですらかなり高難度でした。私も挑戦したことがあるのですが、最初に組み立てたタイヤがどうしても丸くならずに断念した記憶があります。

170927 paper 03「ペーパークラフトを担当して12年。精密や超精密シリーズはできる気がしません…これくらいが限界です」と三宅さん(画像:ヤマハ発動機)。

 そののち、「より多くの方々に、ヤマハ発動機を知っていただくためのきっかけ」にするために、お子様でも楽しめるような季節の風景や動物をラインナップに加えました。当時は、そのようなペーパークラフトを提供するウェブサイトがあまり多くなかったようで、こちらも人気が高かったようです。

 ただ、数年すると、そういったウェブサイトが世の中に多くでき始め、差別化を図るためにも「ヤマハ発動機だから提供出来る、クオリティの高いクラフト」を目指すようになりました。毎年、次期モデルを企画する時は、担当者(私)、デザイナーさん、ウェブサイト制作会社の三者が、それぞれにアイディアを持ち寄って議論する所からスタートします。

「モータースポーツワールド」は、確かデザイナーさんからの提案がベースになっていたハズです。そこに、色んな意見を足したり引いたりして、具体的な形にしていきました。自分がデザインしているわけではありませんが、アイディアが形になっていくのを目の当りにすることができるのは、とても楽しいですよ。特にプロト機を見た時などは、「まだ誰も見たことがないクラフトが、自分の目の前にある!!」とテンションが上がります。

20周年記念モデルは伝説のあのマシン!

――ここまですさまじいクオリティのものが、現在、ヤマハ発動機のウェブサイトのなかでもあまり目立たないところにあるように思えますが、なにか理由があるのでしょうか?

 ペーパークラフトが本業ではないので(笑)。

 企業として、お客様や社会に伝えなければならない大切な情報もありますし、(ペーパークラフトは)あくまでもエンタメコンテンツのひとつという位置付けです。ここ数年は、検索結果から直接サイトを訪問される方も多いので、(弊社の)ウェブサイト内での場所取りにはあまりこだわっていません。

――有料販売などは考えなかったのでしょうか?

 まったく考えた事はありません!!

――無料というところには、なにかポリシーや理由がありますでしょうか?

 誰にでも気軽(?)に楽しんでいただきたいからです。

※ ※ ※

 ここ数年、ヤマハ発動機が年末に向け発表しているペーパークラフトの新作モデルですが、9月29日(金)には2017年末リリース予定として「超精密シリーズ」新作の「YA-1」が発表されました。

170927 paper 04ヤマハのバイクの原点、YA-1(画像:ヤマハ発動機)。

「YA-1」はヤマハ発動機が1955(昭和30)年に発売した、2輪車の「第壱号機」です。戦後、数多くのバイクメーカーが乱立するなか、最後発だったヤマハ発動機は同年の「第1回浅間高原レース」にYA-1で参戦、1位から4位を独占するという快挙を成し遂げます。その伝説的なマシンの「超精密シリーズ」とのことで、20周年を飾るにふさわしいモデルといえるでしょう。

170927 paper 051955年に開催された「第1回浅間高原レース」にて、同年に発売されたばかりのYA-1が1位から4位までを独占した(画像:ヤマハ発動機)。170927 paper 06170927 paper 07

 さらに「10月の中旬ごろには、20周年のプレゼント企画のお知らせができると思います」(三宅さん)とのことです。

 あくまで「本業ではない」ことからか、さほど派手な告知もなく、20周年記念というのにそのページも相変わらず「企業サイト」内のあまり目立たないところにありますが、その中身は「モノ創り企業」の本気を感じさせるコンテンツがすでに展開されていました。

【写真】A4サイズ246枚! 超大作の全貌とは

170927 paper 082014年に公開した「モータースポーツワールド:ラリー」は、パーツ総数1300超、プリントアウト枚数にして246枚という超大作(画像:ヤマハ発動機)。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年