P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 長友との激闘再び。コロンビアの高速ウインガー、クアドラード。4年の時を経て得た円熟味【W杯 日本を襲う猛獣たち】

長友との激闘再び。コロンビアの高速ウインガー、クアドラード。4年の時を経て得た円熟味【W杯 日本を襲う猛獣たち】

P R

P R

コロンビア代表のクアドラード【写真:Getty Images】

コロンビア代表のクアドラード【写真:Getty Images】

1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のファン・ギジェルモ・クアドラードを取り上げる。(文:神尾光臣【イタリア】)

試合の行方を左右するほどの影響力

 1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のファン・ギジェルモ・クアドラードを取り上げる。(文:神尾光臣【イタリア】)

——————————

 4月29日、セリエA第34節のインテルvsユベントス戦。前節はナポリにホームで破れ、勝ち点1差に詰められたムードの悪さを受け、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はディフェンスラインの総取り替えを決行した。そして右サイドバックには、コロンビア代表の高速ウインガーが起用されたのである。

 ファン・ギジェルモ・クアドラード。ユベントス所属3年目の彼は、右サイドの切り札的な存在として定着していた。近年はサイドハーフかウイングバックなど、攻撃的な位置での起用が主だったが、インテル戦では久々に4バックの右に入る。そして、この試合のキーマンとなった。

 前線のドゥグラス・コスタが中央に絞り、空いたサイドのスペースを上がる。それだけではない。ラインいっぱいに幅を取りボールを受けると、低い位置から前線の左サイドに向かってアーリークロスを放った。

 それはコンパクトに収縮した敵の守備組織の頭上を越え、比較的手薄になっているインテルの右サイドバック、ジョアン・カンセロのところへ落ちる。インテルのプレスの狙いどころを外し、弱点を突いたプレイは13分に奏功する。アーリークロスがドゥグラス・コスタに通り、先制点が決まった。

 その後、退場者が出たインテルが反撃に出て、特にサイドを攻め立てられる。守備よりも攻撃に持ち味のあるクアドラードはイバン・ペリシッチに抜かれた挙句にクロスを上げられ、逆転のオウンゴールと決められた。

 1人少ないインテルにジリ貧となり、2連敗となればスクデットも危機にさらされるユベントス。だがこのピンチを切り抜けるきっかけとなったのがクアドラードだった。ルチャーノ・スパレッティ監督が終盤にダビデ・サントンを投入し、それに伴い守備の強度が変わったところを一気に突いた。

 対面にいたペリシッチがポジション変更でCFに移ったため、プレッシャーがなくなったところを前に出る。そして、ゲームのテンションに入り込めていなかったサントンをかわしてエリアに侵入。中央にボールを送り、ミラン・シュクリニアルのオウンゴールを誘った。これで息を吹き返したユーベは、試合終了間際のFKを活かして3-2で勝利した。
 
 スピードが速く、テクニックも高い。それでいてスタミナは90分間落ちず、右サイドならばどこでもこなせるユーティリティーも備えている。’14年ブラジルW杯で日本に立ちはだかったスピードスターが、再び対峙する。

ウディネーゼのスカウト網が見出した才能

 コロンビアのネクコリ出身の29歳。13歳の時からアトレティコ・ウラバというクラブで育てられ、そのテクニックには当時から「まるでブラジル人のようだ」と評判が上がっていたという。

 やがて彼はコロンビアの古豪インディペンディエンテ・メデジンの下部組織に移り、19歳の時にトップチームに引き上げられプロデビューを果たした。デビューシーズンは21試合出場で2ゴール。この活躍が、ウディネーゼのスカウト陣の目に留まった。

 ウディネーゼは世界の津々浦々に情報網を張り、将来性のある若手を引っ張って育てるという補強戦略を取っていた。特に南米には強いコネクションを確立しており、のちにスターとなる多くの選手を発掘。バルセロナやアーセナルに行くことになるアレクシス・サンチェスも、この時期に欧州のビッグクラブとの強豪に勝って獲得に成功した。そして彼らはいちはやくインディペンディエンテとの交渉をまとめ、クアドラードをウディネに連れてきた。

 そこから2シーズンほど出場機会には恵まれなかったが、「その間に戦術上のことを多く学ばされた」というクアドラードは、経験を積むためにレンタルされたレッチェでブレイク。セルセ・コズミ監督のもと右ウイングバックとして大暴れを続けた。

 とりわけ、2012年2月19日のシエナ戦で挙げたゴールは伝説に残っている。自陣の深い位置でボールを奪うと、そのままドリブルで中央突破。囲みにきた6人を置き去りにして80m近くを走ると、エリア内でマーカーに尻餅をつかせ、カバーに入った別の選手のチャージを物ともせず、最後は体を投げ出したGKをあざ笑うかのようにループシュートを決めた。

 スピードもさることながら、長い距離を走った後でも精度の高いプレイを可能にする脚力の凄まじさに、イタリアのサッカーファンは度肝を抜かれた。

逆足のウイングとしてゴールも量産

 残念ながらレッチェは降格してしまうのだが、クアドラードは高い評価を受けてステップアップを果たす。ウディネには戻らず、フィオレンティーナが獲得。当時のフィオレンティーナはヴィンチェツォ・モンテッラ監督のもとで華麗なポゼッションサッカーを展開しており、クアドラードはサイドの切り崩し役として攻撃にアクセントをつけた。

 当時、インテルには長友佑都がいたが、ともにスピードと運動量のある彼らのマッチアップは常に見応えがあった。

 またクアドラードは、モンテッラ監督の手によって新境地も開拓。試合の途中に4-3-3の左ウイングへと移され、右足をゴールに向けて得点を狙った。これはコロンビアのホセ・ペケルマン監督にもヒントを与えたようで、同様に左ウイングとして起用されたこともあった。

 2013/14シーズンにはキャリア最多の11ゴールを記録し、移籍市場での評価額は急上昇。そして彼は、2015年2月には3000万ユーロの移籍金でチェルシーへと移った。もっとも思ったように出場期間が得られず、家族の希望もあってイタリアへ戻った。

 セリエAの水は合っていたのか、クアドラードはユベントスでたちまち復調。先発として、また途中出場から流れを変える役割としても仕事を果たし、2度のスクデット獲得と1度のCL準決勝進出に貢献し今日に至る。

組み合わせ抽選では日本との再戦も予言?

 そんなクアドラードだが、今シーズンは故障に泣かされていた。しかも一時期は、ロシアW杯の出場さえ危ぶまれていたのである。昨年12月の終わりに恥骨結合炎を発症し、ついには内転筋の手術に及んだ。結局復帰には90日以上を要すことになり、リーグ戦やCL、そしてコッパ・イタリアが佳境に入る中でチームにとって痛手となった。
 
 もっともW杯に向けては不安なし。復帰した後は、非常に調子が良いのだ。ユベントスがリーグ戦でナポリに追い上げられたこの終盤、彼の活躍は決定的なものになった。

 復帰戦となった3月31日のミラン戦は見事だった。1ー1で硬直していた61分に投入され、勝ち越しゴールを挙げる。中盤のボールロストから、守備陣形をすぐに整えられなかった相手の間隙を突き、右サイドのスペースに顔を出す。そしてサミ・ケディラの左クロスをファーで合わせ、勝ち越しゴールを決めた。

 インテル戦では冒頭の通りの活躍。そして9日に行われたコッパ・イタリア決勝でも右サイドバックとして出場し、ドゥグラス・コスタと分厚いサイドアタックを展開していた。
 
 組み合わせ抽選会の際は日本との再戦を予想し、その通りに当ててしまったというクアドラード。その彼のプレースタイルは、4年の時を経て円熟している。以前はスピードに任せ、ドリブルで突っかけていくことを信条としていた。だがアッレグリ監督の指導を受け、試合の流れを読むのも上手いプレイヤーになっている。

 DFの視野を盗んでゴール前のスペースに入り込み、相手にとっては嫌なタイミングで攻撃に絡む。日本戦でいえば、彼を見るのは主に長友佑都になるだろう。その際、隙を突かれて裏に走られないよう注意が必要となる。
 
(文:神尾光臣【イタリア】)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年