P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > トヨタ「スープラ」(国内初代) 時代とシンクロした出世魚、その目覚ましい進化とは(写真14枚)

トヨタ「スープラ」(国内初代) 時代とシンクロした出世魚、その目覚ましい進化とは(写真14枚)

P R

P R

トヨタ「スープラ」は、もともと海外輸出車の名前で、国内初代は海外だと3代目にあたります。しかしこの国内初代こそが、その後の「スープラ」を決定付ける、最も進化を遂げたモデルでした。

初代(国内)「スープラ」、誕生の背景

 復活が噂される、トヨタを代表するスポーツカーの「スープラ」。その歴史は、モデルを重ねるごとに、まるで出世魚のように飛躍的な進化を遂げてきました。その中でも「スープラ」の歴史を大きく変えたのが70型(1986〈昭和61〉年発売、国内初代)でした。

170815 supra 01初代(国内)にあたる「スープラ」。1986年デビュー時の3.0GTターボ(画像:トヨタ)。

「スープラ」の歴史は、1978(昭和53)年まで遡ります。「セリカ」の上級スペシャルティカーの「セリカXX」として誕生、「セリカ」にはない6気筒エンジンと2代目「セリカ リフトバック」をベースとした専用ボディが与えられていました。北米で大成功を収めた初代「フェアレディZ」をターゲットとしたもので、より高いポテンシャルを秘めた新型車であることを示すべく、未知数を示すアルファベットのXを二つ重ね、「セリカXX」と命名。その輸出名が「スープラ」でした。

 1981(昭和56)年には2代目「セリカXX」に進化。上級スペシャルティカーの立ち位置は変わらないものの、高級GTである「ソアラ」の誕生をきっかけにキャラクターを変更。スポーツカーとしての色合いが強められました。

 ベースは、従来通りの手法を踏襲し、3代目「セリカ リフトバック」とするも、「セリカ」とは異なるリトラクタブルヘッドライトを持つフロントマスクやボディのワイド化などのカスタマイズを実施。「ソアラ」に近い車格を示すべく、最上級グレードには、「ソアラ」のトップグレードと同じ最新の2.8L直列6気筒DOHCエンジンを搭載。これによりトヨタを代表する高級スペシャルティカーの2枚看板が完成したのでした。とはいえ、専用設計車である「ソアラ」と格下の「セリカ」をベースとした「XX」では、走行性能を含め、埋められない素性の差があったのも事実でした。

 そこで次世代モデルは、名実ともに「ソアラ」に並ぶモデルへと成長させるべく、高性能スポーツカーとして開発。エンジンだけでなく、メカニズムやプラットフォームも「ソアラ」と共通化。車名も「セリカXX」から輸出名の「スープラ」に改め、1986(昭和61)年にデビューしました。

伝説の名車「2000GT」の精神と魂を

 国内初代(海外3代目)となる「スープラ」は、ボディ形状こそ、先代「セリカXX」同様のリトラクタブルヘッドライトを持つ3ドアハッチバックでしたが、クーペライクに仕上げることで、「ソアラ」と並べても見劣りしない優雅で精悍なスタイルを実現。専用設計のインテリアもスポーツカーらしさを重視したドライバー中心のデザインとし、ワイドサイズのデジタルメーターや電動スポーツシートなど特徴的な機能が備わっていました。

170815 supra 021986年デビュー時の3.0GTターボのインパネまわり。最上級グレードには、パノラミックデジタルメーターが標準装備だった(画像:トヨタ)。170815 supra 031986年デビュー時の3.0GTターボインテリア。細やかな調整が可能な電動スポーツシートは本革仕様も選択可能(画像:トヨタ)。170815 supra 04初代(国内)「スープラ」に搭載された最高出力230psを誇る3.0L直列6気筒DOHCターボエンジン(画像:トヨタ)。

 メカニズムは、前記したようにトヨタの最新技術を満載した2代目「ソアラ」とほとんどを共有するもショートホイールベースに改めるなどボディにも専用の改良を実施。もちろん、当時、最強となる230psを発揮する3.0L直列6気筒DOHCターボエンジンを「ソアラ」同様にトップグレードに搭載していました。

 新型開発の志の高さは、カタログにも表れており、伝説の名車「2000GT」を引き合いに出し、「トヨタ『2000GT』の精神と魂を蘇らせた」という趣旨の解説がされていたほど。メカニズムでは、「2000GT」以来となる新開発の四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用されていることも強調されていました。

 モデルライフの中で、数々のアップデートが加えられた初代(国内)「スープラ」ですが、そのなかで忘れてならないのがエアロトップとワイドボディの存在でしょう。

 世の中は、バブル真っただ中。より豪華さを演出するアイテムは大変人気を集めました。ルーフ全体を着脱できるエアロトップは、ノーマルボディよりもボディ剛性は低くなるため、スポーツカーとしては不利なアイテムにも関わらず、サンルーフとは比べ物にならない開放感が支持されました。

170815 supra 05デビュー直後に追加されたエアロトップ。ルーフそっくり着脱可能。外したルーフはラゲッジルームに収納できた(画像:トヨタ)。

 またワイドボディも当初は輸出車専用でしたが、日本にも導入。これは税制の改正により、自動車税が排気量によって細部化され、3ナンバーとなっただけで税金が高額となることがなくなったため。とはいえ、世間は3ナンバーといえばリッチの象徴。「2.0GTツインターボ」のワイドボディ仕様なら、税金は2000CCクラスそのままで3ナンバーとなるため大人気となり、結果的には標準ボディの方が珍しい存在になってしまうほどでした。

最後のマイナーチェンジは次代への布石、道は本格スポーツへ

 1990(平成2)年には、前記した税制の改正のより、排気量アップでの負担が減ったことから上級エンジンも3.0Lから自動車馬力規制いっぱいとなる国内最強の280psを発揮する新世代の2.5L直列6気筒ツインターボエンジンに換装。この際、最も走りに振ったグレードである「2.5GTツインターボR」を追加。ビルシュタイン製サスペンション、レカロシート、MOMOステアリングなど、欧州製の走りのアイテムを採用し、硬派なイメージのモデルに仕上げられていました。

170815 supra 06マイナーチェンジで、新たなトップエンジンとなった2.5L直列6気筒ツインターボエンジン。当時、国内最強クラスとなる最高出力280psを発揮(画像:トヨタ)。

 それまで歴代モデルを通して北米市場を意識し、どこかアメリカンな雰囲気を醸し出していた「スープラ」のなかでは、欧州テイストを強く意識させる「2.5GTツインターボR」は独特の雰囲気を放っていました。しかし、このモデルこそが、本格スポーツカーへと進化を遂げる2代目(国内)「スープラ」の挑戦を市場に示す布石だったのかもしれません。

「セリカ」の兄貴分的なスペシャルティカーとして生まれ、最終的には「ソアラ」に並ぶスポーツカーへと出世を遂げた「スープラ」。それは、まさに驚異の経済成長を遂げ、世界に存在感を示した日本の歩みとも重なる、まさに時代を象徴する一台だったのではないでしょうか。

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年