P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 柏が体現する“強化の三本柱”。目指し続けた頂点へ…指揮官が口にする「ACL制覇」の野望

柏が体現する“強化の三本柱”。目指し続けた頂点へ…指揮官が口にする「ACL制覇」の野望

P R

P R

柏レイソルが今季の大きな目標に掲げるのは「ACL制覇」。そのための戦いはすでに始まっている【写真:Getty Images】

柏レイソルが今季の大きな目標に掲げるのは「ACL制覇」。そのための戦いはすでに始まっている【写真:Getty Images】

柏レイソルは今季こそメジャータイトルの獲得を、と強い意気込みで走り出した。攻守両面の補強で弱点の克服に挑み、国内リーグとACLを並行して戦い抜くための準備も抜かりない。アジア制覇を強く意識しながら臨む新シーズン、「優勝」が現実的な目標に見えてくるかもしれない。(取材・文:鈴木潤)

柏が意識する「60」の意味。スタイルに合致した新戦力も獲得

 柏レイソルは今季こそメジャータイトルの獲得を、と強い意気込みで走り出した。攻守両面の補強で弱点の克服に挑み、国内リーグとACLを並行して戦い抜くための準備も抜かりない。アジア制覇を強く意識しながら臨む新シーズン、「優勝」が現実的な目標に見えてくるかもしれない。(取材・文:鈴木潤)

——

 リーグ戦4位と天皇杯ベスト4。柏レイソルが昨季残したこの成績は、客観的に見れば上々の結果である。

 しかし、前半戦の8連勝によって一時は首位に立ち、後半戦でも川崎フロンターレ、鹿島アントラーズを射程に捉えていたにもかかわらず、リーグ終盤のヴァンフォーレ甲府、北海道コンサドーレ札幌、大宮アルディージャとの3連戦では1分2敗と勝ち点を積み上げることができなかった。最終的にはタイトルはおろか自力でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得もできなかったのである。

 セレッソ大阪の天皇杯優勝によってプレーオフ出場の権利が舞い込んできたとはいえ、ACL出場を最大の目標に掲げていた柏にとっては、いくつかの課題を感じさせた2017年シーズンだった。

 下平隆宏監督は、今季の目標として昨季同様に「勝ち点60」に加え、新たに「得点60」を掲げた。これは他の上位チームに比べて得点数が少なく、決定力の差が順位に反映されたという反省から挙がった数字だ。

 したがって今季の新戦力も「得点60」を見定めて攻撃陣を中心にテコ入れを図った。大宮から江坂任と瀬川祐輔、アルビレックス新潟から山崎亮平、ペルーのデポルティボ・ムニシパルから澤昌克という顔ぶれを揃えた。彼ら4人は、いずれも攻撃的な特徴を持ちながらも、ゾーンの間でボールを引き出せるポジショニングの妙と、ダイレクトプレーを駆使して周囲の選手と関わっていく持ち味がある。

 例えば、昨季までの柏にはディエゴ・オリヴェイラ、大津祐樹という強力なタレントがいたが、彼らはボールを持って前を向いた時には無類の力を発揮するも、ダイレクトタッチによる連動したコンビネーションで崩すタイプではなかったため、チームのスタイルにフィットしづらい側面があった。

攻守両面の補強で弱点の克服を

 新戦力の中で早くもスタメンの座を確保する江坂は、トップ下の位置でビルドアップにも加わりながら、味方からパスを引き出し、クリスティアーノや伊東純也、ハモン・ロペスとのスムーズな連携を奏で、下平監督から「まるで昨年からチームにいたと思うぐらいにフィットしている」と高い評価を受けている。

 これによって、昨季までのサイドへ偏る傾向のあった攻撃には、中央のコンビネーションが頻繁に見られるようになっている。キャンプでも攻撃バリエーションを増やす取り組みが積極的に行われ、クリスティアーノ、伊東の“個の突破”とともに、複数人による連動した崩しが今年の攻撃パターンの一つとして期待できる。中央の崩しが確固たる形になれば、伊東とハモン・ロペスの両翼の破壊力もまた倍増する。

 当然戦力の増強を図ったのは攻撃面だけではない。昨季の柏はJ1で4番目に少ない34失点の守備を誇ったが、見方によれば絶体絶命のピンチではGK中村航輔の神がかりなセーブが飛び出したことで救われたケースも多かった。

 特に柏は20代前半の選手が主力を担う若いチームである。球際でのバトルにおいては常々物足りなさを感じさせ、シーズン後半戦に対戦相手がハイボールを入れてきた際にはね返せず、脆さを露呈して多くの失点を献上した。柏がさらに上の順位を狙うならば、デュエルの強度向上とエアバトルの弱点克服は急務となっていた。

 中盤から後方も、それらの弱点の克服を念頭に補強が行われた。新潟から攻守に激しいボランチ小泉慶を獲得し、最終ラインには横浜F・マリノスから身長188センチの大型CBパク・ジョンス、さらに昨季J2の全42試合に出場し、頻繁に上下動を繰り返せるタフな亀川諒史をアビスパ福岡から加え、攻撃陣も含め全体的に選手層は厚みを増した。

アカデミー重視ゆえの悪癖。ネルシーニョ時代を意識した“三本柱”

 柏はアカデミーからトップチームまでの哲学・戦術が一貫されているように、シームレスなクラブを目指している。昨年は中村が日本代表に選出され、中山雄太がJリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞した。中核を担う若い選手は着実に実力を伸ばし、育成は一定以上の成果を残している。こうしたアカデミー出身選手を軸に据えたクラブの方針は今後も変わらない。その証拠に今季も将来有望な4人の選手がU-18から昇格した。

 しかし柏の悪癖のひとつ、自陣に引いてブロックを作るチームとの対戦において、ボールこそ保持するものの効果的な崩しが見られず、攻めあぐねた結果、カウンターからの失点で敗れるパターンは、アカデミーが抱える課題がそのままトップチームへ移植されてしまっている。クラブとして改善しなければならない課題であると同時に、アカデミーそのものが再構築の時期に差し掛かっているともいえる。

 しかも一昨年の伊東純也、昨年の小池龍太と、外部から獲得した選手が輝きを放ち、アカデミー出身選手にはない特徴を武器にチームに化学反応を引き起こした。彼らの活躍を契機に、アカデミー出身選手を中心にしながらも生え抜きだけに偏った編成をするのではなく、アカデミー出身選手とは異なる持ち味を持った外部の血を積極的に取り入れていこうという方針が固まりつつある。もちろん、外から加えるのみならず、アカデミー自体を強化・再構築し、自前で伊東や小池のような選手を育てなければならないタスクもまた然りだ。

 実際に、その点について渡辺光輝強化部ダイレクターは、アカデミー出身選手、外部出身選手、外国籍選手を“強化の三本柱”と位置づけ、「どれが偏っても強いチームにはならない。その三本柱のバランスが大事」と強化方針を述べている。戦術・チームスタイルは違えども、バランス的には数年前にタイトルを連続で獲得したネルシーニョ監督時代のチームに近い編成のイメージだという。

5年ぶりのタイトル獲得へ。アジア制覇への強い思い

 今季のチーム編成を端的に見れば、ACLを並行して戦えるだけの陣容を揃え、アジアを獲りにいく姿勢を強く打ち出した。それと同時に、選手の顔ぶれと移籍の傾向からは、クラブが目指す中期スパンのビジョンが明確化された。

 さて、この充実の陣容をしたがえて、今季の柏は国内外の戦いに挑む。そこで懸念されるのは、過去ACLプレーオフから出場したチームはリーグ戦では例外なく苦しむ傾向にあるということ。特に今年の柏は、1月30日にプレーオフを戦ったため、オフが短く、シーズン中に選手のフィジカル面に大きな影響を及ぼす可能性は否めない。

 ただ、柏はプレーオフから出場するのは2015年に次いで2度目である。3年前の経験を糧にできれば、違った結果を導き出すのも不可能ではないだろう。下平監督は「厳しいシーズンになるのはわかっている。コンディションの良い選手を見極めて起用していきたい」と話しながらも、1月30日のプレーオフに勝利した試合後の会見で、「アジアチャンピオンになりたい」と志の高い目標を公言した。

 また別の機会では、ACLベスト8まで勝ち進みながらリーグ初制覇を果たした川崎を例に挙げ、「ACLとリーグ戦の両立は可能だと思っている」と意気込みを口にした。

 目標自体は「勝ち点60」と、あくまで来季のACL出場権獲得だが、昨季の戦いを通じて、柏の若武者たちは間違いなく“優勝”を現実的な目標に捉えているはずだ。

 柏が狙うは、5年ぶりのメジャータイトルの獲得である。

(取材・文:鈴木潤)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年