P
R

まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 蘇る不死鳥、ラダメル・ファルカオ。4年前の悔しさをバネに最後の大舞台へ【W杯 日本を襲う猛獣たち】

蘇る不死鳥、ラダメル・ファルカオ。4年前の悔しさをバネに最後の大舞台へ【W杯 日本を襲う猛獣たち】

P R

P R

コロンビア代表のラダメル・ファルカオ【写真:Getty Images】

コロンビア代表のラダメル・ファルカオ【写真:Getty Images】

1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のラダメル・ファルカオを取り上げる。(文:小川由紀子【フランス】)

別人となって帰ってきたファルカオ

 1か月後に迫ったロシアワールドカップ。日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と激突する。本大会へ向け改めて確認しておきたいのは対戦国の要注意人物達だ。フットボールチャンネルでは日本と対戦する3か国の“猛獣”たちを紹介していきたい。今回はコロンビア代表のラダメル・ファルカオを取り上げる。(文:小川由紀子【フランス】)

——————————

 今季も全コンペティション合わせて24点と、ラダメル・ファルカオは昨年に続き20点越えを達成した。今や完全にモナコの顔。その彼のモナコでの挑戦は、『プレミアリーグ前』と『プレミアリーグ後』の2期に分かれる。

 ファルカオは、経営にロシアの実業家が参画し、カタール国のバックアップで銀河系集団となったパリSGに追いつけ追い越せとばかりに行った大補強の目玉としてハメス・ロドリゲスらとともに13-14シーズン、モナコにやってきた。

 ところが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)問題の解消など金銭問題も絡み、わずか1年でイングランドに移籍。

 しかしながらマンチェスター・ユナテッドにレンタル移籍した14-15シーズン、そしてそこからまたレンタルされたチェルシーでの15-16シーズンともに好調だったとは言いがたく、とりわけ2年目は大腿部の怪我で長期欠場し、計363分しかピッチに立っていない。

 そして16-17シーズン、ファルカオはモナコに、「別人」のような姿で帰ってきた。

 トレードマークだった長髪をバッサリ切り落とし、サイドをスッキリと刈り上げたまったく新しいヘアスタイル。そんな見た目も別人のようだったが、それよりも変わっていたのは中身だった。

 練習中の様子からは喜びが溢れ出し、試合でボールを追う姿は、まさに水を得た魚。
 
「試合に出ていないと、どうしても気分もふさぎがちになる。とにかく試合に出続けてリズムを取り戻すことに、僕は飢えていた」モナコに復帰して間もない頃の気持ちを、ファルカオはそう表していた。

 出戻った彼に対し、フランスメディアは最初は懐疑的だった。

 マンチェスター・ユナイテッドでは6ゴール、翌シーズンのチェルシーではわずか1点しか決めていない彼のストライカーとしての嗅覚はもう鈍っているのではないかと。

イングランドでは不遇も…。ネガティブ発言はなし

 しかしそれはまったくの杞憂だった。

 この年ファルカオは、全コンペティション合わせて30得点をマークした。
モナコはこのシーズン、チャンピオンズリーグに予選から参加し、準決勝まで到達した史上初のクラブとなったが、この大会だけでも7点をあげている。

 プレミアリーグで成功できなかったのにはいくつかの要素が重なっていた。

 1年目は膝の十字靭帯損傷という大怪我から復帰したばかり。
 
「そんな状態でいきなりトップレベルのコンペティションへの挑戦は無謀だった」と後でモナコのレオナルド・ジャルディム監督も苦言を呈していたが、コンディション以外にも、当時のルイ・ファン・ハール監督のシステムにフィットしなかったことも大きな要因だった。

 しかしファルカオ自身の口から、プレミアリーグへの挑戦についてネガティブな言葉が出たことは一度もない。

「あの夏、プレミアリーグでプレーできるチャンスがめぐってきた。だからそのチャンスを獲った。あの経験からも僕は多くのものを学べた。人間としてもタフになれた」と。

 しかしチェルシーでのシーズンでの終わりごろは、モナコに戻ることしか考えていなかったという。とにかく、試合に出られる場所を求めていたのだ。

 ファルカオにとってラッキーだったのは、不在の2年間でチームはガラリと入れ替わり、出戻ったこの年のチームに、無名だが、なんとも上昇志向が旺盛で、エネルギッシュな若手メンバーが揃っていたことだ。

「夏にチームに合流してすぐに感じた。このチームはなんだかすごく良いスピリッツがあるぞ!とね。」

 とインタビューでも語っていたが、テレビのサッカー番組で、元フランス代表のMFオリヴィエ・ダクールに「若手の攻撃手がたくさんいて、脅威に感じないか?」と聞かれた時にもファルカオは、「え?どうして?むしろうれしいよ。だって活気があっていいじゃないか!」と満面の笑みで答えていた。

本来の調子を取り戻す

 キリアン・エムバペを筆頭に、トマ・ルマール、バンジャマン・メンディ、ジブリル・シディベら、今夏ロシアへ赴くフランス代表の中核メンバーへと成長した4人衆、今季からマンチェスター・シティでプレーするベルナルド・シウバ、同じくチェルシーの中盤となったティエムエ・バカヨコら、この年のモナコは、ブレイク寸前のタレントの宝庫だった。

 さらに、選手の能力に応じた戦術を施すことを得意とするジャルディム監督のシステムは、ファルカオにもマッチした。

 エリア内での決定力が高いファルカオにとって、良いラストパスが出せる相棒の存在は生命線だが、超攻撃スタイルを採用していたこの年のモナコでは、両サイドバックから、中央から、エンドラインからの折り返しから、ゴール前のワンツーから、うれしいくらいに美味しいパスが彼のもとになだれこんできた。

 この年は開幕前のCL予選、対フェネルバフチェ戦でハムストリングを痛め、いきなり開幕から3試合欠場、その後も脳震盪などで欠場が続き、実際にコンディションが整いだしたのは11月ごろからだったが、いったんリズムを取り戻すと、そこから加速するのは早かった。

「必要なのはリズムを取り戻すことだけだった。タレントとかテクニック、得点感覚といったものは、そう簡単には忘れたりしないもの。リズムさえつかめればすぐに思い出す。だからとにかく、続けて試合に出る環境が自分には必要だった」と本人も振り返っている。

 また、チーム全体で計107点をあげたこのシーズン、エムバペやシウバ、ルマール、ジェルマンらも快調に得点を重ね、ファルカオ1人にゴールゲットの重責がのしかかっていなかったことも、スムースな復帰を助けたもう1つの要因になっていたように思う。

 今季は、エムバペやシウバ、メンディら主力がごっそり離脱し、メンバーは大幅に変わったが、ファルカオの得点感覚は序盤から冴え渡っていた。

 開幕からの10節までで得点がなかったのは2試合だけ、2節のディジョン戦ではハットトリックをマークし、蹴った枠内シュート12本のうち11本がゴールというとんでもない得点率。つまりは本来の彼に近い状態まで戻ってきている、ということだ。

W杯への思いは強い

 2018年に入ってからはハムストリングの負傷などもあり、得点は減っている。加えてチーム全体としても、パリSGに7−1と大敗した第33節から3試合勝ち星なしの試合が続くなど、モナコは後半に向けてやや失速気味だ。

 現地メディアの中には、『ファルカオの心はすでにロシアなのでは』と、勘ぐっているものもある。

 彼にとって初のワールドカップ出場になるはずだった14年の前回大会は、その年の1月のフランス杯で膝の十字靭帯を損傷する大怪我を負い、涙の欠場となった。

 最後になるかもしれない今回、ファルカオがワールドカップに賭ける思いが強いのは事実だろう。

 3月の国際マッチデーでコロンビア代表がフランスと対戦した試合では、ファルカオはノーゴールだった。

 しかし得点しなくとも仕事をするのが彼のようなトップストライカー。ゴール前での決定力が恐ろしく高い彼のような選手を、フリーにしておくことなど絶対にできないのだから、たとえ黙ってそこに立っているだけだったとしても相手DFを消耗させる。

 クラブでも代表でも、今の彼は、自分自身が遮二無二ゴールを狙いにいかなくてもいいチームに身を置き、しかし自分のところにボールが来たときは、そつなく決める、というポジションにある。

 彼の得点感覚は錆び付いていないし、PKの決定力も依然として抜群だ。抜きたいときに、刀はいつも抜ける状態にあるということだ。

 昨シーズン、リーグタイトルに王手をかけ、チャンピオンズリーグ準決勝進出が決まった頃、ファルカオは「いまが自分の選手人生で一番充実している」と話していた。

 ピッチの上ではもちろん、家族と気軽に街を散歩できるモナコでの穏やかなプライベートライフも、彼の心を満たしている。

 そんな、選手として最高に充足感を感じているファルカオは、心身ともにトップコンディションでロシアに乗り込む。

『El Tigre』タイガー、の異名をとるファルカオは、昨年のモナコでの活躍で、『Phoenix』蘇る不死鳥、になったと言われた。

 この夏ロシアでフェニックスは羽ばたくだろうか。

(文:小川由紀子【フランス】)

P R

P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年